税の専門家におまかせください。
お問合せは  04(2965)3911

文字サイズ:

贈与税の計算

贈与税の概算を計算します。
次の4つから選択してください。(クリックすると説明が表示されます。)

直系尊属からの贈与(平成27年4月以降)

直系尊属である贈与者から財産の贈与を受け、かつ、受贈者が贈与の年の1月1日において20歳以上である場合

計算する

上記以外の一般の贈与(平成27年4月以降)

直系尊属(父母又は祖父母など)以外の贈与者から財産の贈与を受けた場合や受贈者が贈与の年の1月1日において20歳未満である場合

計算する

配偶者控除を適用する場合の贈与

特例の概要
婚姻期間が20年以上の夫婦の間で、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭の贈与が行われた場合、基礎控除110万円のほかに最高2,000万円まで控除(配偶者控除)できるという特例です。
特例を受けるための適用要件
  • (1)夫婦の婚姻期間が20年を過ぎた後に贈与が行われたこと
  • (2)配偶者から贈与された財産が、自分が住むための国内の居住用不動産であること又は居住用不動産を取得するための金銭であること
  • (3)贈与を受けた年の翌年3月15日までに、贈与により取得した国内の居住用不動産又は贈与を受けた金銭で取得した国内の居住用不動産に、贈与を受けた者が現実に住んでおり、その後も引き続き住む見込みであること
  • (注)配偶者控除は同じ配偶者からの贈与については一生に一度しか適用を受けることができません

[平成28年4月1日現在法令等]国税庁

計算する

住宅取得資金の贈与の特例を適用する場合の贈与

平成27年1月1日から平成31年6月30日までの間に、父母や祖父母などの直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた受贈者が、贈与を受けた年の翌年3月15日までにその住宅取得等資金を自己の居住の用に供する家屋の新築若しくは取得又はその増改築等の対価に充てて新築若しくは取得又は増改築等をし、その家屋を同日までに自己の居住の用に供したとき又は同日後遅滞なく自己の居住の用に供することが確実であると見込まれるときには、住宅取得等資金のうち一定金額について贈与税が非課税となります(以下、「非課税の特例」といいます。)。

[平成28年4月1日現在法令等]国税庁

計算する

【ご注意事項・免責事項】
  • ※この試算結果はお客様がご入力した一定の条件に基づき計算したものです。 実際と異なる場合もございますので、あくまでもお客様の参考資料としてご活用下さい。
  • ※詳細については税務署へご確認いただくか、、税理士にご依頼ください。
  • ※この試算結果に関しまして、不利益や損害等が発生したとしても、当事務所は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

 直系尊属からの贈与(平成27年4月以降)

贈与する金額:  円
(半角数字を入力)

計算結果

計算結果
基礎控除額
課税価格
贈与税額

 一般の贈与(平成27年4月以降)

贈与する金額:  円
(半角数字を入力)

計算結果

計算結果
基礎控除額
課税価格
贈与税額

 配偶者控除を適用する場合の贈与

配偶者控除対象の贈与額:
 円
(半角数字を入力)
対象以外の贈与額:  円
(半角数字を入力)

計算結果

計算結果
配偶者控除額
配偶者控除後贈与額
贈与額合計
基礎控除額
課税贈与額
贈与税額

住宅取得資金の贈与の特例を適用する場合の贈与

対象の贈与額:  円
(半角数字を入力)
対象以外の贈与額:  円
(半角数字を入力)
省エネ・耐震等の住宅家屋
(選択してください)

計算結果

計算結果
住宅取得資金非課税枠
差引
贈与額合計
基礎控除額
課税贈与額
贈与税額
▲ページトップへ